共通するのは審査があるということ。個人信用情報機関をみてみよう

審査がある、それは消費者金融のキャッシングも、銀行カードローンのキャッシングも、そして銀行カードローンも同じことです。
お金をもらうのではなく借りるのです。
もちろん返さなくてはなりません。
簡単にいえば審査とは、本当にお金を返してくれるのか、それを調べるためのものです。
お金を返すかどうか、そしていくらなら返せる金額なのか、消費者金融審査の目的は非常に単純なものです。
何を基準にしているのかはその消費者金融、銀行によって違いがあります。
可決となるラインには違いがあります。
しかし共通するのは過去の債務、現在の債務を徹底的に確認するということです。
過去の債務に何らかのトラブルがあった場合、融資が行われることはありません。
例えば返済が長期にわたって遅延したという過去があれば貸すことに躊躇するのは当然のことでしょう。
現在の借り入れも他社に多くあるのであれば新しい融資が返済を困窮させ、結果、貸し付けた金額の返済がなされなくなることは想像ができないことではありません。
ちなみに現在の債務としていくらの金額があれば新しい借り入れができなくなると思いますか?
総量規制がある消費者金融では年収の3分の1にまで達すると新しい借り入れはできません。
ただし消費者金融だけが借り入れ制限があるわけではありません。
銀行カードローンは借り入れ金額が無制限となるわけではありません。
実は借り入れ金額よりも借り入れ件数が審査では重要になります。
その仕組みを簡単にご説明しましょう。
借り入れ総額が同じ50万円だったとしても借り入れ件数の違いが予測される今後の借り入れ総額を変えます。
例えば2社からの合計で50万円の時、4社からの合計で50万円だったときで考えてみましょう。
それぞれの融資限度額が30万円だとすると、2社からの借り入れの場合には残りの借り入れ可能残高が10万円です。
満額借り入れたとしても60万円と先が見えています。
一方4社からの借り入れは融資限度額の合計が120万円であり、そのうちの50万円しか借入をしていないことがわかります。
満額借り入れをしてしまえば総額が120万円にまで膨らむ可能性を持った債務であることがわかります。
審査で重要になる他社からの借り入れ金額は、現在の借り入れ総額だけではなく予想されるこの先の借り入れ総額こそ判断材料になっています。
審査では様々な項目が調査されることがわかりました。
他社からの借り入れ金額、過去の債務、それらはどのようにして調べるのでしょうか。
それは個人信用情報機関への照会です。
個人信用情報機関は日本に3つあります。
個人の債務情報を細かく集めた民間企業です。
消費者金融、銀行、クレジットカード、労金、農協、携帯電話会社など債務に関わる全ての業者が情報の提供を義務付けられています。
申込書に記入した内容、それはすべて管理されていると思ってよいでしょう。
それ以外にも契約内容、返済状況など多くのことが個人信用情報機関に登録されています。
もしかすれば本人さえも忘れているようなこと、把握できていないようなことまでが記載されているかもしれません。
個人信用情報機関では業者からの照会だけではなく本人からの情報開示請求にも応じています。
これから大きなローンを考えている、というときには個人信用情報機関に情報開示請求を行い、自分の債務状況がどのように管理されているのかを確認するとよいでしょう。
手数料1,000円となっていますが、郵送やインターネットでも情報を閲覧することができます。
もう一つ、個人信用情報機関に登録されている情報についてお話ししましょう。
ブラックという言葉を聞いたことがあるでしょう。
実はブラックリストというものは存在していません。
しかし個人信用情報機関に登録されている金融事故はいわゆるブラックとして扱われています。
当然ブラックであれば審査に通ることはありません。
金融事故として扱われている情報にはいくつかありますが代表的なものは3か月以上の遅延、そして債務整理です。
返済の遅れも数日程度であれば遅延損害金は支払わなくてはならないものの信用問題に大きな影響を出すほどではありません。
ところが3か月ともなればそれは悪質です。
返済を放棄したとみなされてもおかしくはない期間です。
法律によって認められた救済措置である債務整理、これもまた金融事故として扱われることに疑問を感じるかもしれません。
借りた側である債務者にとっては返済困難な状況を解決する債務整理はそれこそ救済措置です。
ところが貸した側である債権者からみるとどうでしょうか。
返済を法律によって強制的に回避したことになります。
債務整理の事実があれば今後貸し付けを行ったとしても同じような手段を講じるかもしれないという危惧があります。
個人信用情報機関に金融事故が登録されている間は新しい借り入れはおろか、クレジットカードの契約も携帯電話の契約もできません。
個人信用情報機関は審査でも使われる重要な機関です。
自分の情報がどのように登録されているのか確認してみるのもよいでしょう。

消費者金融でキャッシング

普段の生活では、時としてお金が足りなくなるときがあります。
手元のお金が不足する場合には、なんとかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。
お金を借りる方法にも様々考えられますが、手軽な方法としては消費者金融を利用することが挙げられます。
街中にはたくさんの消費者金融の店舗や看板、無人契約機を見かけることができます。
テレビCMでもおなじみで、すっかりわたしたちの生活に溶け込んでいます。
消費者金融は、キャッシングという個人ローンを提供しています。
無担保・無保証で、限度額の範囲内で繰り返し借入と返済を利用できます。
非常にスピィーディーにまとまったお金を借りることができますので、急な出費でも活躍するでしょう。